入門講座 (キリストのたとえ話)

キリストは「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる」(マタイ4章4節)と言われました。人が生きるためには肉体の糧であるパン(ごはん)は不可欠です。しかし、人は「肉体の糧」だけでなく、「心の糧」も必要としている存在です。情報や物があふれていますが、多くの人は本当の豊かさや平安を実感できないでいます。それは、「心の糧」が不足しているからです。聖書はとても古い書物ですが、今を生きる私たちの心の必要を満たしてくれる「神のことば」です。ぜひ一緒に聖書を開いてみませんか。

入門講座 『キリストのたとえ話』    (聖書の箇所) レッスンのポイント
1. 失われた羊と銀貨のたとえ    (ルカ15章) 人の価値
2. 放蕩息子のたとえ          (ルカ15章) 神様の愛
3. 放蕩息子の兄            (ルカ15章) 行いと恵み
4. 二人の債務者のたとえ       (マタイ18章) 赦 し
5. 盛大な宴会のたとえ        (ルカ14章) 神様の招き
6. 愚かな金持ちのたとえ       (ルカ12章) 本当の豊かさ
7. タラントのたとえ           (マタイ25章) 人生のチャレンジ
8. 種まきのたとえ           (マタイ13章) 実を結ぶ